外国人参政権反対! 受け入れ不要

2009年12月16日

腐る、腐りゆく世界

先日、売国独裁者であり人民解放軍日本方面指揮官であり日本国家主席であらせられる汚沢大先生がゴリ押しした、天皇陛下と虐殺と鎮圧で成り上がった偉そうなヤツとの会見があったのだが…陛下相手に礼一つしやがらねぇな、さすがは蛮族の国の幹部だな。

そんなゴリ押し会見に前ナントカさんからトンデモ発言が。

天皇特例会見、前原国交相「元首相から打診」

>前原国土交通相は15日の記者会見で、「会見ができないかという話は『元首相』からあったと聞いている。自民党の方から首相官邸に届いた」と自民党をけん制した。これに対し、自民党の谷垣総裁は「わが党の首相経験者も中国側から働き掛けがあれば、『(会見)できないか』と言うことはあると思う。しかし、『1か月ルールがある』と説明を聞けば、すぐ理解されると思う」と反論するなど、対立が続いている。

前ナントカさんよぉ…何でもかんでも自民党のせいにすりゃいいってワケじゃねぇんだぞ?
とは思ったものの、元首相で中国ベッタリなチンパンジーがいたよなぁ…などと思っていたが、その元首相ってのはナカソーネだったようだな。

だがしかし…

宮内庁、外務省…広がる懸念 「亡国」批判も 天皇特例会見問題

>複数の日中関係筋の証言によると、鳩山政権は、中国側の度重なる申し入れに逡巡(しゅんじゅん)し、それでも抵抗できなかった。こうした対応に外務省関係者からは「外交では筋を通してほしい」、宮内庁幹部からも「問題を安易に考えている」と強い批判が出てきた。

>実は、政府は11月30日、正式に中国側に「会見は無理」と通告した。「1カ月ルール」と、75歳と高齢の陛下のご健康が万全とまではいえないことが理由だった。

ところが、駐日大使館を中心とする中国側の巻き返しが始まる。政府・民主党だけでなく、野党・自民党の中曽根康弘元首相ら中国とパイプの太い政治家らにも「なりふり構わず」(外交筋)働きかけた。

「日本が一度断れば、中国が必死に動いてくることは分かっていたことだ。なのに、鳩山政権は中国側の動きに動揺してしまった」

>別の外交筋はこう解説する。中曽根氏ら自民党の政治家は「われわれが『ルール破りはダメです』と説明したら理解してくれたが、民主党側は、まるで中国の走狗(そうく)となった」という。

平野博文官房長官は12月9日、首相官邸を訪ねて重ねて会見実現を求めた中国の崔天凱大使に「陛下の体もあって大変厳しい」と明言を避けていた。だが、翌10日には小沢氏ら民主党議員143人の訪中団出発が控えており、結局、同日中に宮内庁長官に2回目となる指示を出し、宮内庁を押し切った。



…つまり「中曽根元首相は打診はしたけど、ルールを説明されて納得した」と。
確かに「話はあった」んだな。でもルールを理解して「中国に無理だと伝えた」んですね?


そしてルールを説明されても納得せず「ルールが何だ、オレが新しいルールだ」と言わんばかりに押し切ったのはやっぱり民主党だったと

やっぱり民主党がゴリ押ししたんじゃねーかよ!何だよその「民主党だけが悪者じゃない」みたいな言い方。

>一方、政府筋は14日、「前政権のルールは知らないし、報道に違和感を持っている」と語った。

いやいや、ルールは知ってたよね?前政権のルールって陛下を守るためのルールに政権関係ないよね?政治家として、政府として、日本国民として日本の象徴たる天皇陛下をどう考えているかって話だよね?

というか、鳩ぽっぽ政権誕生から3ヶ月だよ?3ヶ月で何の結果も出さないで、問題ばっかり引き起こして何なの?本気で日本滅ぼしたいの?

マニフェストは反故にしまくりで、逆にマニフェストに載せてないコトに必死で、日米関係グダグダで、経済対策もグダグダで、技術先進国の根幹を揺らしまくりで、国債発行しまくりで、海外に金バラマキまくりで、国民の生活が第一?国民ってドコの国民ですか?日本国民のコトじゃないよね?

民主党信者はこれでもまだ民主党を支持すんの?
するんだろうね…「自民党よりはマシ」というお経を唱えながらな…カルトと変わらないよな。

民主党についてツッコみたいコトはまだまだあるんだよな…子ども手当て所得制限とか海外にまたバラマキとか普天間問題とか努力は認めてとか…まあその辺についてはニュースサイト様にお任せするとしても、こちらの問題だけはスルーできなかったんで、久々にハッスルしてみましたが、まあこんなトコロで。



あーやっぱりこんな政権誕生に関わった連中は死ね!迷惑かけないようにひっそりと孤独に死ね!間違っても硫化水素とか電車飛込みとかはすんなよ?生きてて迷惑かけたんだから、死ぬときまで迷惑かけんなよ?


posted by まりもにうむα at 21:12| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。