外国人参政権反対! 受け入れ不要

2008年09月28日

いつもの

「日教組がガン」だなんてガンに失礼だ、というか日教組のクソ連中が「道徳や常識が無い」とか言ってんのには笑った。

まぁ、それは置いといて…今日はルルーシュR2の最終回でした。

結果から言うと…うわぁぁあぁぁぁ、やっぱりそーゆーことか!!


と…でもまさか死亡エンドとは…行方をくらませて片田舎でCCとひっそり暮らすとかだと思ってたんですが…

さて、また今日も印象に残ったシーンを…

ナナリーとルルーシュ、自分達が悪になるという点では同じようなコト考えていたと…その決意を知ったからルルーシュは使うまいと思っていたギアスをナナリーに…自分からダモクレスの鍵を奪ったルルーシュに悪魔だの卑怯だの悪態をつくナナリー…ルルーシュの考えがナナリーに伝わるのが最後の最期とは悲しすぎる。

スザクVSカレン…なんかどーでもよかったなぁ…でもスザク負けた時とスザクの墓が出てきたときには、あのウザキャラが死ぬわけ無いと思ってたけど…いや〜だまされた。

むしろアーニャVSジェレミアが良かった、つかジークフリートの中にナイトメアってそんなギミックあったのか!記憶が無いというアーニャにギアスキャンセラーを使うジェレミア…もしマリアンヌが憑依してた時に使ってたらどうなってたんだろうね。

ルルーシュ、ダモクレスを掌握してそのまま世界制服か…しかし皇帝陛下のパレードがいかにも悪の帝王チックかつ悪趣味で笑った。
黒の騎士団連中を捕縛してさらし者はいいとして、シュナ兄を十字架に磔とか、妹を鎖で繋ぐとか、悪を演出するにしては悪趣味すぎるだろ。

とまあパレードの悪趣味はいいとして…人々の心にルルーシュに対する反感と憎悪を刻み込むには成功していたようで…というか逆にこれ以上無い善政を行って人心を掌握ってのもルルーシュならできたんじゃね?とも思わないでもないんですが…というか2ヶ月でここまで憎しみを集めるって、どんだけの事したんだよ。

ゼロ登場っ!あの超人的な動きは…まさか死んだと思っていたアイツかー(棒読み)
ナイトメアの砲撃をかいくぐり、ジェレミアを踏み台にし、ルルーシュの銃を弾き、そして剣をルルーシュの胸に突き立てるゼロの中のスザク…世界の憎しみをその身に集めたルルーシュを圧政への反逆の象徴・ゼロが討つことで…これがゼロレクイエム…ルルーシュは自らの命と共に憎しみを取り払い、スザクは個・自由をゼロという仮面に、世界に捧げることで贖罪すると…

最後の最期、兄の手に触れ何故かアーカーシャでの出来事を知るナナリー、そして兄の行動を理解するナナリー、しかし全ては遅すぎた…ナナリーの悲痛な叫びがゼロへの歓声にかき消されていくのがまた…というかそんなサイコメトリーみたいな能力をいつの間に。

あと、ゼロの姿を見てカレンがルルーシュとスザクの真の目的を察知したのが…神楽耶さまもあの表情を見た感じでは、何か察知したんだろうなぁ…CCが言うには、ルルーシュの正体を知ってわずかな間にその本質の一部を知った人物だそうだし。

ルルーシュ亡き後の世界…扇が日本首相?しかも普通に結婚してる?つまり、才能・決断力・実行力・戦略戦術に長けた天才よりも、普段は決断力無いのにここぞでトンチキな決断下してスパイかもしれない女とネンゴロになってそのスパイと敵国の使者にコロっと騙されるような無能こそ幸せになれるということですね…なんか納得できねぇ…玉城がバーテンとかどーでもいいや。

ダモクレスは太陽に廃棄…太陽は破壊兵器の廃棄場じゃねーぞっ!Wでもガンダムを太陽に廃棄してたしな…未遂で終わったけど。

アーニャとジェレミアが農園で働いてる!しかもオレンジ畑って!

馬車の荷台のCCさん…ルルーシュの物語は終わったけど、CCの物語はまだ終わらないのよね…まさか…新たなコードギアスへの伏線!?


ということで、ルルーシュR2も終わってしまいましたなぁ…来週からはダブルオーセカンドですねぇ。
これはコレで楽しみなんですが、やはり1つの物語が終わった後ってのはこう…寂しいよね…さて、後で録画しといたのをまた見るかな…


posted by まりもにうむα at 19:06| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

はやいそれなりにやすいそれなりにうまい

今日は個人的に毒を吐きます。このままだと本人に毒を吐きそうなので、ココで吐く…まあ「王様の耳はロバの耳」と穴に向かって叫ぶようなもんです。


まず…簡単な仕事を俺に取られたというか、ちょっとした流れで自分がしようとしていた「簡単な」仕事を俺に取られたくらいでぶつくさ文句言うんじゃねーよ、器小せぇな、駆け出しの弱小会社と言えど部長とか一丁前な肩書き持ってんだろ?出向先で下らないことしてんじゃねーよ!

そのクセ、面倒くさそうな仕事は下調べしてからコッチに回しやがって、しかも自分が空いてるのにな。
下調べまでしてんならそのまま自分でやれよ!そして俺が仕事回そうとすりゃまたぶつくさ言いやがって!何様よ!?

イチイチ人のトラブルに首突っ込んでんじゃねーよ!出向先ではお前は上司じゃねーんだからイチイチ相談する義理ねーんだよ!
直営社員に相談しなきゃならん事象を何でお前が解決しようとすんだよ!お前じゃ解決できねーよ!お前が解決できる程度のことを俺が解決できないと思ってんの!?器を知れ!!

ヒマだから携帯イジってりゃまたぶつくさ文句言いやがるし、さらにヒマだから同僚と談笑してりゃまたぶつくさ…てめえだって仕事中に携帯イジってるし、同僚と談笑してんだろうが!何様!?

というか俺だけに聞こえるようにぶつくさ言いやがって!陰湿なんだよ!48にもなって恥ずかしく無いのか!?文句や苦言があんなら「一応の上司」らしく面向かって言ってみろよ!!返り討ちにしてやるけどな!!


以上、出向先の同僚(自社内では「一応」上司)に対する毒でした。
そして出向期間が延期されたと今日通達が…出向先での仕事自体はぶっちゃけ楽だし、どうしてもという事情が無ければ定時に帰されるし、よほどのことが無ければ土日祝は休みだし、別会社からの派遣の方々や直営の方々とはまあ良好な関係だし、とても良い環境なんですがね…ヤツが口を開くたびに不快にさせられるのが最悪だ。

ブログでこんなこと書く俺も器小せぇんですがね…ヤツに正面から噛み付いて会社を追い出されてもどうにでもなるんですが、比較的穏やかな職場にわざわざ波風立てるのもアレだしね…

さて明日は「よほどのことが有るんで」出勤だ…いや、本当に珍しいのよ?せっかくの休日が…と思わなくもないけど、休日手当てもしっかりもらえるし「よほどのことが無いと」祝日に出ること無いし…最大の問題は比較的安くそこそこのメシが食える会社の食堂が休みだということだ。

んじゃ寝る。
posted by まりもにうむα at 21:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

ギアスの後番組は…

ルルーシュR2・24話…最終回目前だけあって煮詰まった展開で面白いのだが、展開の早さは相変わらずだな。

今日も印象に残ったことをつらつらと…

ナナリー開眼!若本のギアスを破ったよこの人!小宇宙が増大とかセブンセンシズとかすごいものに目覚めてそうだよ!さすがラスボス!
そんなナナリーにルルーシュは勝てるのか!?実はナナリーもギアス持ってるんです、とかいうオチは勘弁な!

実はシュナ兄に言われるままにホイホイと起動スイッチ押すナナリーがあまりにアレで、その後のダモクレス突入の衝撃で起動スイッチを落としてオタオタしていたシーンでざまあみろとか思ってしまったのはナイショだ。

玉城のナイトメアが真っ二つにされた時はヒヤっとしたぜ…しかし藤堂と千葉さんは死亡フラグ立ててたはずなのに…千葉さんはいいとして藤堂は…というか扇も生き残りそうだなぁ…チッ!

ニーナさんはルルーシュ=ゼロって知ってて協力してたのか!?
やはりフレイア製作者としての責任云々ってヤツかねぇ…学園で自爆しようとしたり、公の場でゼロを殺そうとしたり、ミレイに逆ギレしてたのがウソのようです。

そんなニーナさん開発のフレイアキャンセラー…19秒で環境データ入力・プログラム実行時間が0.4秒って…成功率1%に賭けるとかそういうノリか!でも分の悪い賭けは嫌いじゃないぜ!

というかアレがロンギヌスの槍に見えたのは俺だけか?
というかランスロットが零号機に見えたのも俺だけか?

コーネリア姫は予想通りに生きていらっしゃいました、予想通りに。
姫の騎士が予想を覆し生きていました…ってちょっとまて、どうやって生き残った!?ナイトメアにもついてるのか、コックピットが破損しててもパイロットを至近距離自爆から守るほど高性能なセーフティシャッターが!?

シュナイゼル兄さんは黒いとか悪いとかじゃなくて、目的の為なら手段も犠牲も問わない人だったんですね…自分の命すらも…いくら固執するものが無いとは言えその切り捨てぶりは気前良すぎだろう。

しかしその目的の為なら何でも犠牲にできるって考えは、ルルーシュの指摘した皇族ならではの見下した思考なのか…何にせよいいキャラでした。

そんな兄さんに心酔してホイホイついて来たディートハルトの最後がほんとにあっけない…死に際の願いも無下に断られてしまって、なんとも救いが無い。

スーパーロボット・トリスタン、案外あっさりと…そもそもこの戦いが紅蓮戦の前座っぽい扱いで泣けるなぁ。
んで次回はランスロットVS紅蓮か…というかカレンが何のために戦ってんだか分からない、ルルーシュに捨てられた腹いせ?

と、次回が最終回…収拾付くのか?
posted by まりもにうむα at 19:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

無茶過ぎ

ルルーシュR2の23話…前回、前々回ほどトンデモ展開じゃなかったが、やっぱりトンデモ展開だな。

印象に残ったトコロをつらつらと書いてみる。

とりあえず玉城以外の黒の騎士団幹部全員死んでいいと思います。
何あのバカっぷり、すっかりシュナイゼルの操り人形じゃん。
扇とか藤堂とかカレンとか、ダメだろコイツら…しんくーすらも手玉に取られてしまってるしなぁ。
シュナイゼルの人心掌握術がすごいというのを差し引いてもアレは…あとシュナイゼルさん黒すぎ。
嫌悪感を抱くようなキャラなのに、コレはコレで好きになれそうだ。

そういやコーネリアさんが…死亡なのか重傷なのか…生きているなら、ア・バオア・クーでのギレンとキシリアのような展開を期待。
「意外と兄上も甘いようで…」みたいなのを。

ナナリーが生きていたのはオトリのシャトル云々って…というかオトリのシャトルとか何?ふざけてんの?
というか咲夜子さんどっからどうやって生還したんだよ?ダモクレスから脱出してきたのか?

斑鳩撃墜で扇死んだー、と思ったら生きてやがった。
というかいつの間にヴィレッタ孕ませてんだよ!?
故郷(?)に身重の奥さん置いてくとかしっかり死亡フラグ立ててんだからおとなしく死ねよ。

そういや結局帝都は住民共々消滅したと…オデュッセウスさんが…しかし目的の為なら実の兄弟どころか、10億20億の人間の命も犠牲にできるとは、シュナイゼルさんマジ外道。
というか、フレイアを各地に発射できる要塞で世界を支配ってドコの沈黙の艦隊だよ!?

ルルーシュとシュナイゼルって結局の所、やってることは大して変わらないんだよな…人を殺す、騙す、利用するってどっちもどっちなハズなんだが。
ただシュナイゼル曰く、ルルーシュは仮面の使い方が甘いと…仮面の使い方も戦略戦術も手駒も勝る兄にルルーシュは勝てるんですかねぇ…まあ主人公だしとか言ったらオシマイだけど。

今回は何よりナナリーの前で手を震わせながらも気丈に振舞うルルーシュさんがツボでした…んでゼロレクイエムって結局何なの?
posted by まりもにうむα at 23:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

ろくでなしレクイエム

事故米というか毒米をばらまいた連中はテロリストとして処分すべきだと思うんですが。

はした金稼ぐ為に日本中に毒をまき、その危険性を認識しながら自分が悪という自覚も無い…吐き気がする。

しかも上層部のテロ行為で、社員達がどれだけの被害を被るのか…とりあえず食品テロリスト共には今後汚染米だけ食ってもらおうか、こいつらだけじゃなく、今まで食の偽装をしていた連中にも、それぞれ偽装していた食品をその滑らかに嘘を吐く舌で存分に味わい、そのドス黒い胃袋を存分に満たしてもらおう。

それが食を偽り、食を貶めたモノへの罰にふさわしいかと。
posted by まりもにうむα at 11:55| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

いや、そりゃないだろ

ルルーシュR2 22話な訳ですが…相変わらず最後の残り数分でひっくり返してくれる…んで感想としてはこんな感じ。

「23話を見る前に言っておくッ!
おれは今やつのシナリオをほんのちょっぴりだが体験した…い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが……あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『公式で死亡扱いされていたナナリーが、生きていてラスボスになっていた!ついでに咲世子さんも生きていた!』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うがおれも何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…
超展開だとかご都合主義だとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…(AA略)」

いや、ルルーシュの覚悟とか、ラウンズ総崩れとか、とくに4と12が瞬殺とか、アルビオンの質量を持った残像とか、玉城が相変わらずとか、ディバルの奮闘とか、カレンの決別とか、カグヤ様の涙とか、帝都にフレイアとか、ラピュタは本当にあったんだとか、見所はあったよ?

でも最後の瞬間で何事!?ってな感じで…公式で死亡扱いしたのは何?行方不明のまんまでよかったんじゃね?それともクローン?でも次回予告で咲世子さんが普通に生きてるしな…咲世子さんの超忍術か!?

まあ予想を大幅に上回る超展開を超えた超展開に、おにーさんは大興奮ですよ…って先週も同じこと書いてたな。

つーか自国の帝都にフレイアって何か思惑があったとしてもシュナイゼルは相当イカれてると思うんですが。さらにソレを黙認してるコーネリアも、コレを受け入れてるならナナリーも相当イカれてるな…まともな皇族はオデュッセウス兄さんくらいか…でも帝都消失ならオデュッセウス以下皇族は全員死亡ですか?

あと最後に…貴族廃止とか改革断行とかちょっとだけラインハルトを思い出した。
posted by まりもにうむα at 18:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

理性の限界

昔、某学校で同じクラスにいたMという男は、友人が遊びにくる予定だったにも関わらず部屋の鍵をかけず自慰行動をし、いきなりドアを開けた友人にその行為を見られたそうだ…これはMが自慰行為を見せたかったのか、それとも事故だったのか、それは分からない。

まあMとはまったく関係無いが、我が国の近くに自慰行為を誇らしくさらけ出している国がある訳です、こんな風に。
この国の自慰行為はコレだけじゃありませんけど、というか自慰行為してさらにそれを見せびらかさないと気がすまない国だしな。

つまり何が言いたいかといえば、オナヌーするのは勝手だけど、人に見せびらかすなということで。

あ、オナヌーといえば、俺が小学6年の頃、同学年の知能障害の子が保育園の前の歩道に仰向けで寝て、ナニをしごいていたことがあったなぁ…当時は大きな問題にならなかったけど、今ならどうなんだろう…
posted by まりもにうむα at 16:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

とんでも総理

チンパンジーこと福田総理が辞任…思いっきり丸投げだよな、体調不良でやむを得ず辞任した安倍元総理と一緒にはできない。

というかコイツ総理になって何かしたっけ?

毒ギョーザでの中国への対応とか、チベット虐殺でダンマリとか、北朝鮮の口約束に経済制裁解除とか、中国の資源盗掘を認めたとか…あれ?コイツって日本の総理だよね?

まあとりあえずは中国の犬…じゃなくて猿だったのが辞めて、おそらく次は麻生氏なんだろうけど、即解散して総選挙しても麻生人気だけじゃ勝てないだろうな。

そうなると中国の犬政権から中韓の奴隷政権になると…日本終了だな。

とにかくも麻生氏には頑張ってもらいたいです。
posted by まりもにうむα at 23:38| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。